子どもの『 インフルエンザ 』はどんな症状?潜伏期間や家で行うホームケアは?【医師監修】

2022.10.24

3

インフルエンザ(Influenza)

目次

1.  インフルエンザ とはこんな病気

2.  インフルエンザ の原因と症状

3.  インフルエンザ の検査でわかること

4.  インフルエンザ の治療法と薬

5.  インフルエンザ のホームケアと予防

1.  インフルエンザ とはこんな病気(普通の風邪と何が違うの?)

年齢別:0歳~
症状:発熱、のどの痛み、せき、筋肉痛、全身倦怠感など
体の部位:呼吸器、全身

 
インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こるウイルス感染症です。
子どもから高齢者まで幅広い年齢層で流行します。
 
一般的な風邪と比較して、全身症状が強いのが特徴で、
38℃以上の発熱や頭痛、全身倦怠感、筋肉痛、関節痛といった症状が現れます。
 
普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁(鼻水)、せき等の症状もみられます1,2)
通常、1週間ほどで自然によくなりますが、抗インフルエンザウイルス薬を使用すると回復が約1日早いとされています1,2)
 
日本では例年、11月から翌年3月(冬季)にかけて流行がみられるため、季節性インフルエンザとも呼ばれています。
ただ、2020年、21年と2シーズン連続で流行がなかったため、22年秋からのシーズンは流行が警戒されています3,4)
 

2.  インフルエンザ の原因と症状

インフルエンザウイルスのうち、大きな流行の原因となるのはA型とB型です。
飛沫やそれに触れた手指などを介して鼻やのどの粘膜に入り込み、感染します。
そこから約1~3日の潜伏期間を経て、急な発熱(38℃以上)、のどの痛み、せき、鼻水、悪寒、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛、関節痛などの症状が現れます1,2)
 
普通のかぜに比べて高熱が出ることや全身倦怠感が強いことが特徴ですが、無症状の場合もあります。
通常、1週間くらいで症状は治まります。
 
ただし、5歳未満の子ども、高齢者、基礎疾患のある人などは、重症化や合併症の恐れがあり、中には重症化により入院治療を必要とされる方などもいます。
 

子どもの主な合併症は気管支炎、肺炎、中耳炎、熱性けいれんなどです。1,2)

 
まれですが、ウイルスに対する体の免疫反応の影響などで脳が障害を受けて生じる「インフルエンザ脳症」もあります。
インフルエンザ脳症の初期には、意識障害、けいれん、異常行動が現れます。1,4)
 

3.  インフルエンザ の検査でわかること

よく行われるのは、「迅速抗原検査」と呼ばれる検査です。
患者さんの鼻やのどの奥を綿棒でぬぐった液体などを検体として、そこにウイルスのタンパクが含まれるかどうかを調べます。
通常、結果は約10~15分でわかり、ウイルスがA型なのかB型なのかもわかります2)
 
地域で流行している時期や症状、経過によっては、検査を行わないこともあります。
 

4.  インフルエンザ の治療法と薬

インフルエンザウイルスは、ヒトの細胞に侵入し、その内部で自分のコピーを次々に作ります。
このコピーがまた他の細胞に侵入してコピーを作り、ウイルスが増殖するのです。
 
この流れをどこかでブロックして、ウイルスの増殖を抑えるのが、医師が処方する抗インフルエンザウイルス薬です。
現在5種類が使われ、飲み薬、吸入薬、注射薬があります。
小さな子どもにはドライシロップタイプの飲み薬(オセルタミビルという有効成分)がよく処方されます3~6)
 

 
いずれも、症状が現れてから48時間以内に使用すれば、症状の回復が1日程度早まるとされます1,2)
主な副作用として下痢、吐き気・嘔吐などがあります。
 
その他に、発熱や頭痛などを和らげる薬が処方されることもあります。
 

5.  インフルエンザ のホームケアと予防

予防にはワクチンが重要です。
生後6カ月以上13歳未満の子どもには2~4週間隔で2回接種することが推奨されています3~7)
ワクチンにはインフルエンザの発症予防効果と、発症しても重症化しないようにする効果が期待できます。
それに必要な「抗体」ができるまでに一定の期間が必要なので、本格的な流行が始まる前に接種を済ませておきたいものです。
 
普段の予防策としては、新型コロナウイルス対策と同じく、人込みを避け、マスクの着用や手洗い・手指消毒を行うことが挙げられます1,7)

空気が乾燥すると気道の粘膜の防御機能が低下するため、
室内の適切な湿度(50~60%)を保つことも必要でしょう1,7)

インフルエンザ予防のポイントまとめ

インフルエンザ予防のポイント
流行前のワクチン接種
マスクの着用や手洗い、手指消毒
適度な湿度の保持

 
 
子どもがインフルエンザにかかったかも、と思ったら、早めに医療機関で診てもらいましょう。
インフルエンザと診断されたら、外出を控えて安静にさせ、お茶やスープなど子どもが飲めるもので水分を十分に補給します。
 
また、小児、未成年者では、インフルエンザにかかることで、急に走り出す、部屋から飛び出そうとする、ウロウロと歩き回るなどの行動を起こすことがあります。
発熱してから少なくとも2日間は子どもの異常行動に注意し、1人にさせないなどの配慮をします1,7)

『参考資料』

1)厚生労働省.令和3年度インフルエンザQ&A.(2022年9月閲覧:https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html
2)今井由美子ほか.ファルマシア55(12):1105-1110,2019.
3)日本ワクチン学会.2022-2023年シーズンの季節性インフルエンザワクチンの接種に関する日本ワクチン学会の見解.2022年6月23日.
(2022年9月閲覧:http://www.jsvac.jp/pdfs/JSVAC_2022-23flu.pdf
4)日本感染症学会提言.2022-2023年シーズンのインフルエンザ対策について(一般の方々へ).2022年7月24日.(2022年9月閲覧:https://www.kansensho.or.jp/uploads/files/guidelines/teigen_ippan_220724.pdf
5)タミフルカプセル添付文書. (2022年9月閲覧:https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/ResultDataSetPDF/450045_6250021M1027_1_39
6)ゾフルーザ錠・顆粒 添付文書.(2022年9月閲覧:
https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/ResultDataSetPDF/340018_6250047F1022_1_13
7)日本小児科学会.2021/22 シーズンのインフルエンザ治療・予防指針―2021/22 シーズンの流行期を迎えるにあたり―.2021 年 10 月 28 日.
(2022年9月閲覧:http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/2021-2022_influenza..pdf

《 監修 》

  • 松井 潔(まつい きよし) 総合診療科医

    神奈川県立こども医療センター総合診療科部長。愛媛大学卒業。

    神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント、国立精神・神経センター小児神経科レジデント、神川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等を経て2005年より現職。

    小児科専門医、小児神経専門医。

     

     

    【本サイトの記事について】
    本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます. Unauthorized copying prohibited.