【はぐふる特集】妊娠〇〇と呼ばれる症状、妊娠中 に気を付けたい3つの病気をご紹介

2022.03.01

1

妊娠〇〇、妊娠中 に気を付けたい3つの病気をご紹介

妊娠すると体には普段とは異なる様々な変化が起こります。

その中でも、今回は「妊娠中に気を付けたい病気」についての記事を3つ抜粋して紹介します。

それぞれの記事を読んで、妊娠中の体の不調に備えましょう。

 

 

つわり (妊娠悪阻)はなぜ起きるのか?つわり中の心配な症状について【助産師監修】 

妊娠初期に起こる体の変化として代表的な「つわり」の症状。
吐き気を伴う胃や胸のむかつきなどがみられることが多いですが、症状や時期は人それぞれです。
中にはつわりが重症化して「妊娠悪阻(にんしんおそ)」となる場合があり、妊娠悪阻になると、体重減少、ケトーシス(ケトン体と呼ばれるものが血中に増加した状態)、脱水症状、電解質異常(血液中の電解質(ミネラル)のバランスが崩れてしまうこと)などが起こりやすくなります。1)つわりがなぜ起きるのか」、「具体的な対処法はどうしたらよいか」を記事では解説しています。

 

 

妊娠高血圧症候群 (にんしんこうけつあつしょうこうぐん)ってどんな症状?【医師監修】

妊娠をきっかけに発症する病態の一つです。ほとんど自覚症状がなく、妊婦健診で初めて「妊娠高血圧症候群」と診断されて知る場合も少なくありません。
どんな病気?高血圧だと何が悪くなるの?
どんな人がかかりやすい?予防方法は?
などを解説しています。

記事で内容をチェックしてみましょう。

 

 

妊娠糖尿病 ってどんな病気?妊娠糖尿病はどんな人がなりやすい?【医師監修】

この病気も妊娠をきっかけに発症する病態の一つです。妊婦のうち、7~9%が妊娠糖尿病と診断されています。
高血糖と無縁な方でも誰にでもかかる可能性ある為、十分に注意が必要となります。
どんな病気?どうやって診断されるの?
治療方法は?予防方法は?
などを解説しています。こちらもあわせてチェックをしておきましょう。

 

 

 

『参考資料』
1) MSDマニュアルプロフェッショナル版.(2022年2月10日閲覧:妊娠悪阻 – 18. 婦人科および産科 – MSDマニュアル プロフェッショナル版 (msdmanuals.com)