【はぐふる特集】つらい花粉症の季節! 抗ヒスタミン薬 って何?関連する アレルギー の記事をご紹介

2022.03.01

1

アレルギーの関連記事紹介

春はスギやヒノキなどの花粉が飛ぶ季節ですね。
花粉症は人の体に花粉が入りこむことで起こるアレルギー反応です。
アレルゲンが、体内の免疫システムを刺激して鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目の充血などさまざまな症状を引き起こします。

近年は小さな子どもでも花粉症を発症するケースが増えていますので、花粉症だと診断されたお子さんもいらっしゃるかと思います。
皆さんは、ご自身のお子さんがどの薬を飲んでいるか知っていますか?

 

アレルギー性鼻炎、花粉症、じんましんなど、さまざまなアレルギー疾患の治療で『抗ヒスタミン剤・抗アレルギー薬』が処方されますが、
薬にはさまざまな種類があるため、処方された薬を詳しく知ることで、副作用など気にかけておくことが出来ます。

 

はぐふるでは、こちらの記事(抗ヒスタミン剤・抗アレルギー薬:くしゃみ、鼻水、痒み、 アレルギー 反応を抑える【医師監修】)にて、

子どもに処方される抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬を詳しく解説していますので、ぜひ、一読してみましょう。
 
 

**********

 

そのほか、アレルギーに関する記事を複数公開中です。今回は抜粋して下記3点をご紹介します。

 

気管支ぜんそく (きかんしぜんそく/喘息)はどんな症状?【医師監修】

気管支ぜんそくは、呼吸をするときの空気の通り道である気道(気管支など)の粘膜が慢性的に炎症を起こすことで、気道が狭くなって、咳(せき)をしたときや息を吐くときに笛が鳴るようなヒューヒューという音や、ゼーゼーする(喘鳴:ぜんめい)がみられたり、呼吸が苦しくなったりする発作を繰り返すアレルギー性の病気です。
病気の症状、病院での治療・診断、ホームケアの方法などを掲載しています。

 

気管支ぜんそく (きかんしぜんそく/喘息)とその発作について【アレルギー専門監修医付き】

喘息(ぜんそく)の病態と喘息発作が起こるしくみや、喘息発作が起こった時の対処法をアレルギー専門医に解説していただきました。上記の記事と合わせて確認しましょう。

 

 

アナフィラキシー ・アナフィラキシーショックってどんな症状なの?【アレルギー専門監修医付き】

アナフィラキシーという言葉を聞いたことはありますか?
アナフィラキシーは重いアレルギー症状の事です。アレルギー専門医にアナフィラキシーの症状や対応の仕方をお伺いしました。

 

上記のアレルギーの記事と合わせて読んで、何かあった時の備えとしましょう。