『 亀頭包皮炎 』おちんちんの先が赤く腫れて痛い!原因や治療法は?男の子【医師監修】

2022.11.22

1

亀頭包皮炎:おちんちんの先が赤く腫れて痛い!原因は?【医師監修】

目次

1.  亀頭包皮炎 とはこんな病気

2.  亀頭包皮炎 の原因と症状

3.  亀頭包皮炎 の検査でわかること

4.  亀頭包皮炎 の治療法と薬

5.  亀頭包皮炎 のホームケアと予防

1.  亀頭包皮炎 とはこんな病気

年齢:主に2歳~5歳
症状別:痛み、赤み、腫れ、膿、尿が出にくい
体の部位:陰茎(ペニス、おちんちん)

 
亀頭包皮炎とは、陰茎(ペニス)の先の亀頭と包皮の間の部分に細菌が増えて、炎症を起こす病気です。

亀頭包皮炎の類似の症状に、亀頭炎、包皮炎があります。
亀頭炎は陰茎亀頭の炎症、包皮炎は包皮の炎症、亀頭包皮炎は両者の炎症です。

 
亀頭包皮炎の病気と一緒に包茎(ほうけい)の話もします。
包茎とは陰茎の先端の亀頭部分が皮膚(包皮)で覆われている状態のことです。
5歳までに徐々に亀頭と包皮の間がはがれ、自然に亀頭が露出するようになります1)
無理に包皮をむくと、元に戻らなくなって亀頭が締め付けられ、腫れてしまうことがあります。
 
赤ちゃんの場合、陰茎は包茎なのが正常で、亀頭は露出していません。
包茎は尿の出口が狭くて尿が出にくくなることがあります。
排尿した後、亀頭と包皮の隙間に尿が残ったり、垢がたまったりします。
そこに細菌などの微生物が繁殖して生じるのが亀頭包皮炎です。
2~5歳によくみられます2)
赤ちゃんの場合は、おむつをしているため細菌が増殖しやすく、また、無意識に汚れている手で触ることがあるため、それが原因で陰茎部分に炎症が起こることがあります。

2.  亀頭包皮炎 の原因と症状

包皮と亀頭との隙間で細菌やカビが増え、炎症が起こります。
この空間は湿度と温度が高いため微生物にとって「居心地がいい」ということでしょう。

症状は、陰茎の先端が痛む、赤くなる、腫れる、先端から膿が出る(おむつやパンツに付く)、排尿時に痛みがある、といったことです。

3.  亀頭包皮炎 の検査でわかること

通常は医師の診察で診断されます。
膿が出ている時や排尿時に痛みがある時などは、細菌がいるかどうかを調べる検査を行うこともあります。

4.  亀頭包皮炎 の治療法と薬

陰部を清潔にし、必要に応じて薬が使われます。

細菌が原因なら抗菌薬(抗生物質)の塗り薬か飲み薬、カビが原因なら抗真菌薬の塗り薬です。

包茎に対しては、5~6歳まではそのまま様子を見てもよいと考えられています1)

5.  亀頭包皮炎 のホームケアと予防

陰部の清潔を保つことが第一です。
排尿後に軽く拭いたり、入浴時にやさしく洗ってあげるとよいでしょう。

『参考資料』

1)金子堅一郎編.イラストを見せながら説明する子どもの病気とその診かた.南山堂 2015
2)日本小児泌尿器科学会
(2022年9月30日閲覧:https://jspu.jp/ippan_011.html

《 監修 》

  • 松井 潔(まつい きよし) 総合診療科医

    神奈川県立こども医療センター総合診療科部長。愛媛大学卒業。

    神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント、国立精神・神経センター小児神経科レジデント、神川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等を経て2005年より現職。

    小児科専門医、小児神経専門医。

     

     

    【本サイトの記事について】
    本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます. Unauthorized copying prohibited.