非ステロイド 系消炎塗り薬(ひすてろいどけいしょうえんぬりぐすり)ってどんな薬?【医師監修】

2022.04.20

0

非ステロイド系消炎塗り薬ってどんな薬?

皮膚に炎症が起こり、赤みやぶつぶつ、かゆみなどの症状が現れる病気はいくつもあります。
例えば、乳児湿疹(乳児湿疹の記事はこちらから)、おむつかぶれ、アトピー性皮膚炎などです。

 
 

皮膚の炎症や悪化を抑える際、抗炎症(消炎)作用を持つ「ステロイド」という成分の塗り薬(記事にリンク)が使われますが、非ステロイド系消炎塗り薬も、皮膚の炎症性の病気に使われ、皮膚の赤みやかゆみなどを和らげる効果があります。

 

名前の通り非ステロイド系消炎塗り薬は、ステロイド成分を含まず、効果は穏やかです。
ステロイドを使うほどでもない炎症、なるべくステロイドを使わない方がよい皮膚が薄い部位、長期間続けて使用する時、ステロイドを使用し副作用が現れてしまった部位などに使われます。

とはいえ、非ステロイド系消炎塗り薬にも副作用があり、刺激感、赤み、かぶれなどが起こる場合があります。
こうした薬の副作用と、ステロイド薬に比べて抗炎症効果が極めて弱いことを踏まえ、アトピー性皮膚炎などの症状の状態によっては推奨しないとする意見があります1)

 
 

なお、非ステロイド系のアズノール軟膏は、皮膚の保湿・保護を目的としたスキンケア外用薬に位置づけられることもあります1)
皮膚の炎症や症状、お子さんの年齢、炎症の部位によってステロイド系の薬と非ステロイド系の薬が適した形で処方されます。

 
 

この記事では、子どもの皮膚の病気に使われる主な非ステロイド系消炎塗り薬を紹介します(2022年3月時点)。
薬を使い始めて何か気がかりなことがあれば、医師、薬剤師に相談しましょう。

非ステロイド系消炎塗り薬がよく処方される病気

乳児湿疹、おむつかぶれ、皮膚のただれ
など

主な非ステロイド系消炎塗り薬の種類

アズノール(ジメチルイソプロピルアズレン)

<薬の形状>
軟膏
<特徴>
抗炎症作用、傷が治るのを助ける作用、抗アレルギー作用などがあります2)
おむつかぶれの他、日焼けや軽度の熱傷にもよく使われます。
<注意>
淡青色~淡青緑色の軟膏剤で、製品ごとに色や硬さに多少の違いがありますが、効果に変わりはありません2)

 

フエナゾール/コンベック(ウフェナマート)

<薬の形状>
軟膏、クリーム
<特徴>
抗炎症作用などにより皮膚の炎症を和らげます。
<注意>
副作用として刺激感、灼熱感、発赤、かゆみなどが報告されています2)
これらの症状が現れたら、医師・薬剤師に相談しましょう。

 

スルプロチン/スレンダム/トパルジック(スプロフェン)

<薬の形状>
軟膏
<特徴>
炎症や痛みの原因となるプロスタグランジンという物質の産生を抑え、抗炎症作用などを示します。
<注意>
ある特定の薬(整形外科などで痛み止めの飲み薬や貼り薬として処方されるケトプロフェンなど)を使ってかゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある人には使用できません2)

『参考資料』

1) 日本皮膚科学会・日本アレルギー学会.アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2021
2) くすりの適正使用協議会.くすりのしおり.
(2022年4月閲覧:https://www.rad-ar.or.jp/siori/index.html

《 監修 》

  • 松井 潔(まつい きよし) 総合診療科医

    神奈川県立こども医療センター総合診療科部長。愛媛大学卒業。

    神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント、国立精神・神経センター小児神経科レジデント、神川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等を経て2005年より現職。

    小児科専門医、小児神経専門医。

     

     

    【本サイトの記事について】
    本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます. Unauthorized copying prohibited.