子宮ポリープ について【医師監修】

2020.05.25

1

子宮のトラブル

子宮ポリープ とは?

子宮で発生するイボ状の隆起した病変(ポリープ)で、子宮内膜にできると「子宮内膜ポリープ」、子宮の入り口である子宮頸管にできると「子宮頸管ポリープ」といいます。

 

子宮ポリープの多くは良性で、悪性化することはほとんどありません。しかし、ポリープに見えても、まれに悪性の腫瘍というケースがあるので、ポリープの組織を取って病理組織診断を行う場合があります。

子宮内膜ポリープは、受精卵の着床を妨げる場合があり、妊娠しにくい原因になることがあります。

 

自覚症状としては、不正出血や月経過多、また、そのために貧血になることもありますが、特に症状がない場合も多いです。

子宮ポリープ の原因は?

子宮ポリープは、子宮内膜が女性ホルモン(エストロゲン)の影響によって過剰に増殖してできるものです。

子宮ポリープ の検査、診断は?

子宮頸管ポリープは膣鏡検査で分かります。子宮頸がん検診のときに見える場所です。

 

子宮内膜ポリープの場合、超音波検査で見ると子宮内膜が厚くなっています。また、子宮鏡検査で子宮内を詳しく検査すると確実に診断できます。この検査は、妊娠の可能性がない月経終了直後に行います。

子宮ポリープ の治療は?

子宮頸管ポリープは子宮頸管から外に出ているので、すぐに器具でつまんで取ることができます。ただし、ポリープが巨大な場合は経膣的な手術で取ります。

 

子宮内膜ポリープの治療は、子宮鏡下手術または子宮内膜全面掻爬(そうは)になります。

切除したポリープは病理組織診断に出し、悪性でないかどうかを確認します。

《 監修 》

  • 洞下 由記(ほらげ ゆき) 産婦人科医

    聖マリアンナ医科大学助教、大学病院産婦人科医長。2002年聖マリアンナ医科大学卒業。

    不妊治療をはじめ、患者さんの気持ちや環境を一緒に考えてくれる熱血ドクター。日本産科婦人科学会専門医、日本生殖医学会生殖医療専門医。専門は生殖内分泌、周産期、がん・生殖医療。

    HP https://www.marianna-u.ac.jp/hospital/reproduction/ 聖マリアンナ医科大学病院

     

     

    【本サイトの記事について】
    本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます. Unauthorized copying prohibited.