【全身の代謝アップ】体質改善ストレッチ(開脚前屈、心臓の反射区のツボを刺激、ペアスクワット))

2020.06.08

0

全身の代謝アップストレッチ

※ストレッチによる身体への負担には個人差がありますので、ストレッチを行う場合は、必ず医師などの専門家に相談してください。

 

妊娠中はおなかが大きくなるにつれ腰に負担をかけがちです。筋肉やツボのマッサージで、全身の血流を促進させ、代謝をアップさせて美しい姿勢を保ちましょう。

 

自宅で行う「開脚前屈」、

移動中に行う「心臓の反射区のツボを刺激」、

パートナーと行う「ペアスクワット

 

の3つの運動を紹介します。

 

《衣装提供》Chacotthttp://www.chacott-jp.com

開脚前屈

 

プロセス1:スタートの姿勢

 

 

※ストレッチによる身体への負担には個人差がありますので、ストレッチを行う場合は、必ず医師などの専門家に相談してください。

 

 

ブロック(または本やバスタオルを重ねた物)を用意し、膝とつま先を天井に向けて開脚する。

 

 

プロセス2:ブロックに肘をつき、上体を前に倒す

 

 

息を吸って背筋を伸ばし、ブロックに肘をつき、息を吐きながら前屈する。3〜5呼吸を目安に行う。

 

 

NGの姿勢

 

 

前屈をするときに、膝とつま先が内側を向かないように注意。

膝とつま先が天井を向かない場合は、開脚の幅を狭くするとよい。

 

 

プラス知識

ブロックのほかに、お尻の下にブランケットなどを敷いて補助するのもOK。

お尻を高くすることで背筋が伸ばしやすくなる。

 

心臓の反射区のツボを刺激

 

プロセス1:刺激するポイントの位置

 

 

※ストレッチによる身体への負担には個人差がありますので、ストレッチを行う場合は、必ず医師などの専門家に相談してください。

 

 

手のひらの薬指の付け根から2cmくらい下の部分がポイント。

 

 

プロセス2:ポイントを刺激する

 

 

反対の親指をポイントに当て、痛くない程度の力で押す。反対の手も同様に行う。

 

 

プラス知識

ポイントを刺激することで、心臓が活性化されて全身の血流がよくなる。

 

ペアスクワット

 

プロセス1:スタートの姿勢

 

※ストレッチによる身体への負担には個人差がありますので、ストレッチを行う場合は、必ず医師などの専門家に相談してください。

 

 

向かい合わせに立ち、手足は肩幅に合わせて開き、お互いに腕を伸ばして手をつなぐ。

 

 

プロセス2:ゆっくりしゃがむ

 

 

背中を伸ばし、息を吐きながらゆっくりしゃがむ。この体勢で3〜5呼吸キープする。かかとが浮いてしまう場合は、かかとの下にブランケットを敷いてもOK。

 

 

NGの姿勢

 

 

腕が曲がってしまうと、お互いを支えきれないため背中が丸まってしまう。

お互いに腕をしっかりと伸ばし、引っ張り合うこと。

 

 

プロセス3:ゆっくり立ち上がる

 

 

最初に男性が立ち上がり、女性を引っ張ってゆっくり立たせる。

 

 

プラス知識

スクワットは上半身が前に倒れやすくなるが、お互いに引っ張り合って支え合うことにより、正しい姿勢でスクワットが行える。

 

《 監修 》

  • 梅澤 友里香(うめざわ ゆりか) ヨガティーチャー

    “強く美しくしなやかに”“内側から輝く心と身体”をモットーとし、それぞれの身体や体質、心に寄り添った、人生そのものである“生きるヨガ”を提案。
    WSや厚生労働省主催をはじめとした大型イベントの講師、監修の担当、プログラム開発を行う。
    HP https://yurika-umezawa-yoga.com

     

     

    【本サイトの記事について】
    本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます. Unauthorized copying prohibited.