妊娠中 の眠りの質改善ストレッチ(心身を落ち着かせるリラックスツイスト、パートナーと体側伸ばし等)

2020.05.11

1

眠りの質改善ストレッチ

※ストレッチによる身体への負担には個人差がありますので、ストレッチを行う場合は、必ず医師などの専門家に相談してください。

 

妊娠中はホルモンバランスや身体の変化により、不眠や過眠などの睡眠障害が起こりやすくなります。ほどよく身体を動かし、筋肉やツボを刺激して心と身体を落ち着かせましょう。

 

自宅で行う「心身を落ち着かせるリラックスツイスト」、

移動中に行う「自律神経を整える頸椎のツボを刺激」、

パートナーと行う「パートナーと体側伸ばし

 

の3つの運動を紹介します。

 

 

 

心身を落ち着かせるリラックスツイスト

 

プロセス1:スタートの姿勢

 

 

※ストレッチによる身体への負担には個人差がありますので、ストレッチを行う場合は、必ず医師などの専門家に相談してください。

 

 

ボルスター(またはブランケットを太く丸めた物やバスタオルを重ねた物)を腰に当て、横座りをする。

 

プロセス2:ボルスターの上に横たわる

 

 

胸がボルスターの上に乗るように、息を吐きながら上体を倒して、5分くらいキープ(時間はリラックスできたらOK)。そのままゆったりと呼吸を続ける。反対側も同様に行う。

 

プラス知識

 

 

ボルスターのみで状態を倒すことがつらい場合や、もっとリラックス効果を得たいときは、脚の間に毛布を挟んで体の力が抜けた状態にするとよい。

 

自律神経を整える頸椎のツボを刺激

 

プロセス1:刺激するポイントの位置

 

※ストレッチによる身体への負担には個人差がありますので、ストレッチを行う場合は、必ず医師などの専門家に相談してください。

 

 

親指の第一関節から少し下の外側と、手首までの部分が刺激するポイント。

 

プロセス2:ポイントを刺激する

 

 

反対の親指をポイントに当て、手首の方向に向けて痛くない程度の力でスライドする。反対の手も同様に行う。

 

 

プラス知識

リラックス効果のほかに血流も促せる。

 

パートナーと体側伸ばし

 

プロセス1:スタートの姿勢

 

※ストレッチによる身体への負担には個人差がありますので、ストレッチを行う場合は、必ず医師などの専門家に相談してください。

 

 

パートナーと背中を合わせ、あぐらを組む。

 

 

プロセス2:両腕を組み合う

 

 

お互いに両腕を絡め合わせるようにして組み、横に伸ばす。

 

 

プロセス3:体を横に倒す

 

 

息を吸って背筋を伸ばし、息を吐きながらお互いが同じ方向に体を倒し、左右交互に体側を伸ばす。

 

 

プラス知識

腕を組んで背中を合わせることで、手が下がらず、背筋が伸びた状態で行える。

 

《 監修 》

  • 梅澤 友里香(うめざわ ゆりか) ヨガティーチャー

    “強く美しくしなやかに”“内側から輝く心と身体”をモットーとし、それぞれの身体や体質、心に寄り添った、人生そのものである“生きるヨガ”を提案。
    WSや厚生労働省主催をはじめとした大型イベントの講師、監修の担当、プログラム開発を行う。
    HP https://yurika-umezawa-yoga.com

     

     

    【本サイトの記事について】
    本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます. Unauthorized copying prohibited.

この記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます!フィードバックが送信されました。