【はぐふる特集】 妊娠中 の感染症対策を考えよう

2022.12.01

1

妊娠中も気を付けたい感染症の対策

妊娠中は自身の体調とお腹の中の赤ちゃんの体調を気にかけなければいけないため、お母さんは感染症がはやり始めると心配になりますよね。

ウイルスは乾燥した環境を好のむうえ、乾燥や低温によって体の防衛機能が低下するため、特に冬は感染症が増えます。

冬の代表的な感染症といえば、インフルエンザがあげられますが、コロナウイルスなども変わらず流行しており注意が必要です。

まず、ご自身で簡単に実行できる感染対策は、

①マスクの着用

②こまめな手洗い・消毒

③ゼロ蜜(密接・密集・密閉を避ける)

などがあげられます。 1)

 

はぐふるでは、

妊娠中に気を付けたい感染症の記事や、妊婦健診で抗体がないことが分かった時にできることの記事を掲載しています。

ぜひ、この2つの記事を読んでみましょう。

①妊娠中に気を付けたい 感染症 。妊娠中・分娩中・出産後の感染「母子感染」とは?医師監修】 – はぐふる (hug-full.com)母子感染について、妊婦健診で調べる感染症9種、施設によっては妊婦健診で調べることのある感染症2種、疑わしい症状が出たら調べる感染症6種を解説してます。

②妊婦健診で(風疹などの)抗体がないことが分かった時にできること助産師監修】 – はぐふる (hug-full.com)

妊婦健診で感染症のチェックとして、風疹やHIVなどの抗体がどの程度体にあるかを検査します。風疹の抗体検査にはHI法とEIA法と呼ばれる方法などがあり、HI法とEIA法では、検査する抗体の種類が違い、数値によって抗体があるかないかを判断します。検査の数値の読み方や、対策を掲載しています。

引用:

1)厚生労働省:2022年11月閲覧:感染拡大防止へのご協力をお願いいたします!|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

もう一度読んでおきたい正しい手の洗い方

≪正しい手の洗い方≫

※手洗いの前に爪は短く切っておく。時計や指輪は外す。
①流水でよく手をぬらした後、石けんをつけ、手のひらをよくこする。
②手の甲を伸ばすようにこする。
③指先・爪の間を念入りにこする。
④指の間を洗う。
⑤親指と手のひらをねじり洗いする。
⑥手首を洗う。

(2022年11月閲覧:https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000593494.pdf