Warning: Undefined array key "token" in /home/xmd/hug-full.com/public_html/wp-content/themes/hugfull/template-parts/content.php on line 12

人工授精 (AIH)はどんなことをするの?人工授精の妊娠率はどのくらい?【医師監修】

2020.03.02

3

人工授精とは?

人工授精とは排卵日に合わせて、洗浄・濃縮した精子を子宮内に注入する治療法です。

子宮の中まで元気な精子を送り込むことで、精子と卵子を出会いやすくします。
「人工」という言葉に人為的なイメージを持つかもしれませんが、医療が少し手を貸すだけで、妊娠のプロセスは自然妊娠と同じです。

人工授精に適したケースとは?

人工授精は、妊娠のプロセスの中の膣内射精〜子宮頸管部分を飛ばして、子宮内で精子と卵子を出会わせます。

そのため、以下のようなケースに適しています。
ただし、妊娠するには、女性の卵管が通っていることが前提となります。
 

○頸管粘液の量が少ない場合 .

排卵日が近づくとホルモンの影響で頸管粘液(おりもの)の分泌量が増えるのですが、その分泌量が少ないケース。その場合、精子を子宮に届けることが難しくなります。
 

フーナーテストが不良 .

フーナーテストを行って、頸管粘液の中に存在する元気な精子の数が少なかった場合。
 

○精子に問題(男性不妊 .

元気な精子の量がやや少ない男性不妊の場合。
なお、精子の量が極端に少なくて人工授精でも妊娠の可能性が低い場合は、体外受精が提案されます。
 

○勃起不全(ED)や射精障害 .

勃起がうまくいかない勃起不全(ED)、膣内での射精がうまくいかない射精障害など、性交渉がうまくいかない場合は自然妊娠が難しく、人工授精が選択肢になります。
 

タイミング法では妊娠しなかった .

タイミング法を何度か行ったものの妊娠しなかった場合、次のステップとして人工授精が行われています。

人工授精は、どんなことをするのですか?

超音波検査で卵胞の大きさを測って、排卵日を推測します。

また、血液検査で排卵直前に上昇するLH(黄体化ホルモン)を測る場合もあります。
排卵日に合わせて病院を受診し、人工授精を行います。

男性は、自宅か病院で、あらかじめ渡された容器にマスターベーションで射精し、病院に提出します。精液は洗浄・濃縮され、元気な精子を集めます。

内診台で、医師がやわらかいカテーテルという器具を膣から子宮へと挿入し、洗浄・濃縮した精子を注入します。

人工授精にかかる時間は5〜10分ほどで、入院や麻酔の必要はありません。しばらく休んでから帰宅できます。

排卵の直前(人工授精を行う1〜2日前が目安)には、排卵を促すhCG注射を打つことが多く、場合によっては低温期に排卵誘発剤を使うこともあります。
また、卵胞の大きさをチェックするため何度か超音波検査を行うので、タイミング法のときよりも通院回数は少し増えます。

なぜ精液の洗浄・濃縮をするのですか?

精液にはさまざまな物質が含まれていて、そのまま注入すると女性の体に刺激を与え、炎症を起こしてしまう場合があります。

精液を洗浄することで、こうした物質を取り除くとともに、奇形精子や未熟な精子を取り除き、成熟した精子や運動率の高い元気な精子を集めるのです。
こうすることで受精する確率や妊娠する可能性が高まります。

人工授精は痛くないですか?

カテーテルを挿入するので違和感があるかもしれませんが、人工授精では強い痛みを感じることは少ないでしょう。

ただし、個人によって痛みの感じ方は異なるので、心配な場合は主治医に相談しましょう。

人工授精の妊娠率は?

人工授精の1回の妊娠率は約5〜7%です。

体外受精に比べると高くはありませんが、精子の数が少ない場合や性交渉に問題がある場合などには、女性の体への負担が少なく、トライしやすい治療といえます。

人工授精を何回くらい行えば妊娠しますか?

人工授精で妊娠した人の90%以上は、6回以内に妊娠しています。

そのため、人工授精を行う回数は4〜6回が目安とされています。
もちろん、それ以上の回数を行ってもかまいませんし、それより少ない回数で次の治療に進む場合もあります。4〜6回を目安に行って妊娠しない場合には、人工授精では解消できないなんらかの妊娠しにくい原因があると考えて、医師から体外受精へのステップアップを勧められるでしょう。

《 監修 》

  • 洞下 由記(ほらげ ゆき) 産婦人科医

    聖マリアンナ医科大学助教、大学病院産婦人科医長。2002年聖マリアンナ医科大学卒業。

    不妊治療をはじめ、患者さんの気持ちや環境を一緒に考えてくれる熱血ドクター。日本産科婦人科学会専門医、日本生殖医学会生殖医療専門医。専門は生殖内分泌、周産期、がん・生殖医療。

    HP https://www.marianna-u.ac.jp/hospital/reproduction/ 聖マリアンナ医科大学病院

     

    洞下由記先生の監修記事一覧(妊娠希望)
    📖妊娠希望に掲載中の記事
     

    【本サイトの記事について】
    本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます. Unauthorized copying prohibited.

この記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます!フィードバックが送信されました。