【医師監修】不妊治療における クラミジア検査 について。クラミジア検査ではどんなことが分かるの?

2020.01.31

4

クラミジアとは?【監修:洞下 由記(ほらげ ゆき) 産婦人科医】

「クラミジア」とは性感染症の一つです。

 

クラミジアに感染すると、子宮頸部から子宮を通って卵管、さらに腹腔内へと感染が広がっていきます。

感染すると卵管が狭くなったり閉塞したりすることがあり、不妊の原因になります。

卵管閉塞の50%は、このクラミジアが原因といわれています。

クラミジアはどんな症状があるの?

クラミジアに感染しても、ほとんどの女性は軽い腹痛か無症状で、気が付かないことが多いです。

感染がおなかの中まで及ぶことを「骨盤内腹膜炎」といい、この状態になると腹痛が起こります。

クラミジアはどんな検査をするの?

クラミジアの検査には、クラミジア抗原(本体)を調べる検査とクラミジア抗体(免疫反応)を調べる検査の2種類があります。

 

・クラミジア抗原を調べる検査

子宮の入り口の細い部分である子宮頸管に綿棒のような検査キットを入れて、粘膜をこすり取ります。

その中にクラミジアの本体(クラミジア抗原)があるかどうかを調べます。

 

・クラミジア抗体を調べる検査

血液検査によって、過去にクラミジアに感染したかどうかを調べる検査です。
血液中にクラミジア抗体が検出されると、過去にクラミジアにかかったことがあることが分かります。

 

血液検査では、一般的にIgGとIgAという2種類の抗体の力を測ります。
IgGは今までにクラミジアにかかったことがあれば数値が上昇し、IgAは現在感染していると数値が上昇します。
いずれの場合も、治療をすると数値は下がります。

クラミジアと診断された場合どんな治療をするの?

子宮頸管にクラミジアが見つかった場合は、性交渉によって相手に感染させてしまいます。

 

そのため、パートナーといっしょに治療する必要があります。そうしないと、いつまでたってもお互いが感染させ合うことになり(ピンポン感染)、治療が無意味になってしまうので気を付けましょう。

 

クラミジア感染がある場合は、抗生物質による治療を行います。
抗生剤を約1週間内服し、服用が終わったら約2週間後に再度検査を行います。
検査の数値が下がっていれば、クラミジアは除去されています。

クラミジア感染していたら卵管の検査はできません

クラミジアが子宮頸管に存在する場合(クラミジア抗原陽性)、子宮卵管造影検査を受けることはできません。

検査で造影剤といっしょに子宮や卵管、そしておなかの中(骨盤腔内)までクラミジアを運んでしまうことになるからです。

 

📖子宮卵管造影検査については【こちらの記事】を確認ください。

 

 

ですから、子宮卵管造影検査の前にクラミジア検査を受けて、もしも感染していた場合はクラミジアの治療をすることが必要です。
卵管通気検査や卵管通水検査も同様です。

 

📖卵管通期検査や卵管通水検査については【こちらの記事】を確認ください。

《 監修 》

  • 洞下 由記(ほらげ ゆき) 産婦人科医

    聖マリアンナ医科大学助教、大学病院産婦人科医長。2002年聖マリアンナ医科大学卒業。

    不妊治療をはじめ、患者さんの気持ちや環境を一緒に考えてくれる熱血ドクター。日本産科婦人科学会専門医、日本生殖医学会生殖医療専門医。専門は生殖内分泌、周産期、がん・生殖医療。

    HP https://www.marianna-u.ac.jp/hospital/reproduction/ 聖マリアンナ医科大学病院

     

    洞下由記先生の監修記事一覧(妊娠希望)
    📖妊娠希望に掲載中の記事
     

    【本サイトの記事について】
    本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます. Unauthorized copying prohibited.

この記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます!フィードバックが送信されました。