生活改善やタイミング、 不妊治療 のストレスとどう付き合う?【助産師監修】

2020.03.16

2

手を重ねる

ストレスは身体に影響を与える

赤ちゃんを授かる為に生活改善を行ったり、夫婦でタイミングをとったり、不妊治療などを行っている間、多くの人が不安を感じています 。夫婦で取り組むこととはいえ、検査やホルモン剤の投与などは女性の体に負担が偏りがちになります。

 

排卵はとてもデリケートで、健康な女性であっても体調を崩したり、ストレスを抱えたりすると排卵ができないことや遅れたりすることがよくあります。また、男性にとっても、月に一度の排卵がプレッシャーになり、射精や勃起にダイレクトに関わってきます。このプレッシャーを女性もある程度理解しておくことが必要です。

 

お互いが相手の体のことを理解し、歩み寄る優しさがとても大事になります。ス トレスとどう上手に向き合うかもとても大切なことです。

感じるストレスの種類

感じるストレスには主に次のようなものがあります。

 

【先が見えない不安】
「今度こそ」と期待をして治療を受けたのに、月経(生理) がき てしまった時 の落胆。しかし悲しんでいる間もなく、次の排卵日に向けての治療に取り組まなければ なりません。そんなことが何度も続けば、落ち込んでしまいます。また、他人と比べることでさら に不安になってしまうこともあります。

 

【肉体的な負担】
原因を調べるため、血液検査や超音波検査などの様々 な検査や治療を行います。もちろん男女ともに検査はありますが、女性側は検査や治療、薬の投与などが多い傾向にあります。子宮卵管 造影検査やホルモン注射など、中には人によって 痛みを伴うものもあり、大きなストレスになることもあります。 さらに?人の生理周期に合わせて治療スケジュールを立てていくので、仕事 との両立が難しいと感じることも少なくありません。また、ホルモン剤の投与などにより、肉体的 負担はとても大きい場合があります。

 

【経済的な負担】
不妊治療は健康保険の適用 外の治療や検査などがあり、どうしても高額になりがちです。また、治療の終了のめどが立たないため、費用の予測も難しいものです。

 

【周囲の心ない言動】

「赤ちゃんはまだ?」「子どもはつくらないの?」などといった誰かの何気ないひと言に傷ついたり、憤ったりすることもあります。また、当事者であるはずのパートナーとの温度差に関係がぎくしゃくしてしまうことも少なくありません。

ストレスと上手に付き合う方法

まずは身体も健康であることが何より大切です。バランスの取れた食事や、十分な睡眠と休養、適度な運動習慣などを無理のない範囲で 心掛 けましょう。特に運動には、ネガティブな気持ちの発散をし 、睡眠リズムを整える効果があります。運動習慣のない人は、まずは散歩やストレッチなどを生活に取り入れるとい いでしょう。

また、生活習慣を整えることは、妊娠しやすい体づくりにも直結します。男性にとっても精子の質を高めることにつな がりますので、夫婦一緒に取り組むことが大切です。二人ででき る、身体を動かす共通の趣味が持てるとよいですね。

 

次に、ストレスを書き出してみることもおすすめ です。妊娠希望中や不妊治療中のストレスや不安、焦りが募ってきて苦しい時 は、それを紙に書き出してみましょう。抱えている悩みや気持ち、ストレスを書き出すことで、客観的に見ることができ、落ち着いて物事を考えられる機会になるかもしれません。
同様に、誰かに相談したり話を聞いてもらうだけでも、気持ちが軽くなることがあります。皆が同じ症状、同じ治療でないにもかかわらず、ネットを見て自己解釈や他人との比較で不安になるよりも、ちょっと話してみると意外と周りがサポートしてくれることもあるかもしれません。夫婦だけでなく、友人や家族など、信頼できる人に相談してみるのもいいでしょう。

 

どうしても心がふさぎこんでしまう、そんな時 は、ささいなことでも、とにかく自分を褒めてあげてくださいね。自分自身が、自分の味方になってあげることはとても大切です。たとえば朝起きたら鏡に向かって「本当に頑張っているよね」と声を掛 けたり、夜寝る時 に「今日も一日よくやったね」と自分をねぎらったりなど、声に出して自分を肯定してあげましょう。

 

また、一緒に頑張っているパートナーにも積極的にポジティブな言葉を送ってみるのもいいですね。夫婦共に身体も心も健康を意識しながら、妊娠に向けて歩んでいきましょう。

 

治療をしていると、どうしてもなかなか子どもを授からないことや、自分の身体のこと 、いつまで治療を続ければいいのかなど答えのない問いに心が痛くなることもあるかもしれません。しかし、子どもがいてもいなくても、どんな選択と決断をしたとしても、あなたという人の価値や生き方は変わりなく素晴らしいものです。そのことを、いつも忘れないでください。自分の身体と心を一番大切に、治療を続けることも辞めることも休むことも、すべてはあなたの気持ちに正直に選択していきましょう。

《 監修 》

  • 濵脇 文子(はまわき ふみこ) 助産師

    大阪大学大学院医学系研究科招聘准教授。

    星薬科大学非常勤講師。助産師(アドバンス)・保健師。

    妊娠から産後まで、一人一人に寄り添い幅広くサポートを行う。

    また、自治体や企業とマタニティーソリューションの事業構築や講演・執筆活動、専門職の教育研究にも携わる。

    HP https://maieutics.co.jp/

     

     

    【本サイトの記事について】
    本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます. Unauthorized copying prohibited.