【はぐふる特集】 不妊治療 保険適用後の助成金に関する記事を更新しました!

2022.06.23

0

不妊治療 保険適用後の助成金に関する記事を更新しました!

令和4年4月から不妊治療の保険適用が開始されました。

一般不妊治療(タイミング法人工授精)や生殖補助医療(採卵・採精、体外受精顕微授精胚移植など)に保険が適用され、自己負担額が3割となります。

ニュースなどでも大きく取り上げられたため、ご存じの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

以前は、保険適用外の治療を受けた場合、都道府県または市区町村から治療費の助成が受けられました(特定不妊治療助成制度)。

しかし、不妊治療の保険適用に伴い特定不妊治療助成制度は廃止されます。

そうなると、「助成金の制度は完全になくなるの?」「いつのタイミングでなくなってしまうの?」「関連する制度に変更はある?」といろいろ疑問点が出てきますよね。

今回は、不妊治療の保険適用に合わせ、はぐふるで掲載中の助成金に関する記事の見直しを行いました。

 

  1. 高額療養費制度について▶不妊治療では、どんな場合が 高額療養費制度 の対象になる?【FP監修】 – はぐふる (hug-full.com)

  2. 【各自治体の助成度について▶早期不妊治療助成 などの不妊治療に対する自治体の取り組み【FP監修】 – はぐふる (hug-full.com)

  3. 医療費控除について▶医療費控除 の方法は?「不妊治療中」はどこまでが対象になるの?【FP監修】 – はぐふる (hug-full.com)

  4. 不育症について▶不育症 検査にはどんな助成制度があるの?助成制度のある自治体は?【FP監修】 – はぐふる (hug-full.com)

  5. 特定不妊治療助成制度について▶体外受精や顕微授精などの治療助成「 特定不妊治療費 の助成」とは?【FP監修】 – はぐふる (hug-full.com)

上記の5つの記事を更新しています。

どのような更新があったのか、この機会に記事を読んでチェックしてみましょう。