【満席・受付終了】2024年2月20日(火)に「アレルギー」×「性教育」のセミナーを開催します📖

2024.01.05

11

【募集を締め切りとさせていただきます】

たくさんのお申込み、誠にありがとうございました。
セミナー上限人数に達したため、募集を締め切りとさせていただきます。

【セミナー開催決定!】第一弾は「アレルギー×性教育」はぐふると命育共催セミナー


幼児から中高生の子どもを持つ保護者に向けて医師専門家による性教育情報を発信している「命育」と、
妊活・妊娠中・未就学児を子育て中の方に向け専門家による医療・ヘルスケア情報を提供している「はぐふる」にて、共同セミナーを開催いたします!


 

 

📖第1回目のテーマは未就学児の【アレルギー】と【性教育】です📖

第1部では「アレルギー」、第2部では「乳幼児の性教育」について、それぞれの専門家を招き、お話を伺います。

 

・自分のからだや気持ちをうまく表現できない年齢の子どもに保護者や周りの大人はどのように対応したらいい?
・アレルギーについて保護者が注意しておきたいこと
・性の知識の伝え方は?
・日常生活での不安や悩み など

 

子どもの成長過程で耳にすることの多い「アレルギー」「性」の話題。
知っておくと少し不安な気持ちが楽になる!そんなオンラインセミナーとなっています。

 

 申し込みはこちらから .

※命育HPの申し込みページに飛びます

■「アレルギー×性教育」セミナー内容

〈第1部〉『アレルギーマーチ』という言葉を聞いたことはありますか?

〈講演内容〉
・子どもに多いアレルギー疾患とは?アレルギーマーチについて
・アレルギー疾患が合併したら、アレルギーマーチ?
・子どものスキンケアについて知っておきたいこと など

 

〈対象〉未就学児(~6歳)のお子さまをもつ保護者

 

〈講師〉山梨大学大学院 総合研究部医学域 社会医学講座 小島令嗣(こじま れいじ)先生


💡Q&Aを募集しています💡
アレルギー症状なのかな?こんな時はどうしたらよいの?など、
アレルギーに関するお悩み事(医師に質問したいこと)がある方は、申込時のコメント記載欄に①お子様の年齢②コメントをお願いいたします。
当日のQ&Aの参考にさせていただきます。


〈小島令嗣(こじま れいじ)先生:プロフィール〉

小児科専門医・アレルギー専門医・社会医学系指導医。
子どものアレルギー疾患と社会的な要因を中心に研究を行っている。

 

♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦

 

〈第2部〉乳幼児期からはじめよう!家庭でできる性教育

〈講演内容〉

・家庭でできる性教育
・包括的性教育とは
・スキンシップのポイント
・プライベートゾーンや乳児自慰について
・性器の洗い方
・子どもから質問をされた時には
・家庭での性教育のポイント など

 

〈対象〉
未就学児のお子さんの保護者、子どもにかかわる大人の方

 

〈講師〉
NPO法人 HIKIDASHI代表理事 大石 真那(おおいし まな)氏

 


💡Q&Aを募集しています💡
家庭での性教育についてどのようなことでも構いません。
講師に聞きたいことがある方は、申込時のコメント記載欄にコメントをお願いいたします。


〈 大石 真那(おおいし まな)氏:プロフィール〉

「生」教育アドバイザー/保健師/看護師思春期保健相談士
神戸大学医学部保健学科卒業後、兵庫県の保健師として保健所で勤務。
2017年に第4子長女を妊娠・出産したことを機に、性教育への探究を開始。
「乳幼児期から家庭でできる性教育講座」をこれまで約1,000人の保護者向けに実施。
2022年4月にNPO法人 HIKIDASHI を設立。学校等で性教育の講演活動を行っている。
著書:「げっけいのはなし いのちのはなし」(みらいパブリッシング)

 

♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦

主催:命育【HP】、はぐふる【HP
※セミナーの講演内容は一部変更の可能性がございます。

■「アレルギー×性教育」日時

日程:2024年2月20日(火)10:00~11:30

場所:オンライン(zoom)

※命育のシステムを使用するため、セミナー視聴には命育のWEBサイトより申し込みが必要になります。

※後日、申込者限定・期間限定でアーカイブ配信あり

 

 申し込みはこちらから .

※命育HPの申し込みページに飛びます

 

定員:40名程度※1月9日時点で多くの方にお申込みいただきましたので、80名までに増員しております

参加費:無料
申し込み期間:2024年1月5日(金)~2月19日(月)

※応募が人数に達し次第、募集終了とさせていただくことがございます。
※メディアによる取材が入る可能性があります。顔や氏名等映らないように対応させていただきます。

【プレスリリースの記事はこちらから】

この記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます!フィードバックが送信されました。