お気に入り一覧

逆行性射精

2020.06.22

0

逆行性射精とは

逆行性射精とは、本来は体の外に射精される精液が、それとは逆の膀胱側に射精されてしまう病気です。

 

通常であれば、射精のときには膀胱頸部が閉じて、膀胱側に精液がいかないようになり体の外に射精されますが、膀胱頸部が閉じないことで逆行性射精が起こります。逆行性射精の場合、射精をしても射精液が出ない、または極端に少なくなります。射精液に元気な精子がまざっていないとはいえませんが、自然妊娠は難しくなります。

逆行性射精の原因は?

逆行性射精は、糖尿病の末梢神経障害として起こることがあります。最近は若い年代でも糖尿病を患う人が増えているので、逆行性射精も増えているようです。

 

そのほかには、前立腺肥大症の前立腺手術の影響、事故などによる脊髄損傷、特定の薬によるものなどがあります。しかし、原因が分からない場合も多いのが現状です。

逆行性射精の検査、治療は?妊娠するには?

逆行性射精は、射精しても精液が出てこない、または排出される液体の量が極端に少ないのが特徴です。射精感があった後に尿を調べて、その中に精子が見つかれば、逆行性射精と分かります。

 

逆行性射精の原因を取り除いたり、薬物治療をしたりすることで治ることがあります。内服薬で改善しない場合は、膀胱の中から精子を回収して、人工授精を行う方法があります。また、TESE(精巣精子採取術)を行って精子を回収する方法もあります。

 

いずれにせよ、専門的な治療になるので、男性不妊を積極的に扱っている病院での治療が必要になります。

《 監修 》

  • 洞下 由記(ほらげ ゆき) 医師

    聖マリアンナ医科大学助教、大学病院産婦人科医長。2002年聖マリアンナ医科大学卒業。

    不妊治療をはじめ、患者さんの気持ちや環境を一緒に考えてくれる熱血ドクター。日本産科婦人科学会専門医、日本生殖医学会生殖医療専門医。専門は生殖内分泌、周産期、がん・生殖医療。

    HP 聖マリアンナ医科大学病院

     

     

    【本サイトの記事について】
    本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます. Unauthorized copying prohibited.

はぐふるのサイトについて
コンセプト

自治体・企業の皆様へ

お問合せはこちら