お気に入り一覧

腎臓リンパの反射区を刺激

2020.06.08

1

プロセス1:刺激するポイントの位置

手のひらの親指の付け根の膨らんだ中央部分が刺激するポイント。

プロセス2:ポイントを刺激する

反対の手の親指をポイントに当て、腎臓の反射区を押して刺激していく。

反対の手も同様に行う。気持ちいいと感じる程度の強さで繰り返す。

プラス知識

体外に老廃物を排出しやすくなり、疲れが取れやすくする。

《 監修 》

  • 梅澤 友里香(うめざわ ゆりか) ヨガティーチャー

    “強く美しくしなやかに”“内側から輝く心と身体”をモットーとし、それぞれの身体や体質、心に寄り添った、人生そのものである“生きるヨガ”を提案。
    WSや厚生労働省主催をはじめとした大型イベントの講師、監修の担当、プログラム開発を行う。
    HP https://yurika-umezawa-yoga.com

     

     

    【本サイトの記事について】
    本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます. Unauthorized copying prohibited.

はぐふるのサイトについて
コンセプト

自治体・企業の皆様へ

お問合せはこちら